記事の更新が遅れています

ここ数ヶ月、記事の更新がゆっくりになっています。いつも訪問いただくみなさまに申し訳なく思っています。
不定期な更新が続きますが、気長く見守っていただけると幸いです。
分野別に、今後の更新予定をまとめてみました。

・ライブレポート、風景(写真中心の記事)
継続して載せていきます。
既に、撮りためたライブ写真がかなりあります。紹介したいアーティストさんもたくさんいます。

・堀川ひとみ
今後も応援記事を載せていきます。
名古屋ライブ案内(2013年12月1日開催)をアップしています。ぜひお越しください。

・フェルデンクライス
教室案内などを随時載せていきます。
大阪市西区で開いている教室は、とても盛況です。ぜひ一度お越しください。

・仕事
下記シリーズの続編を準備中です。
「企業社会と私」シリーズ(2009年12月-2010年2月 カテゴリ:仕事)
職場での「内と外を分けない実証実験」シリーズ(2012年1月 カテゴリ:私のアスペルガー特性)

最近になって、ここに記した職場の状況を解くキーワードが見つかりました。それに関連する記事をひとつ紹介します。
ブログ Deep Green EX より、Fever(2013年10月25日)
Deep Green EX は、ライブレポート記事でよく紹介する A-unEX Midoriさんの、もうひとつのブログです。)
そして今、この本を読んでいます。
ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)
(2013/05/27)
古川 琢也

商品詳細を見る

この本に書かれているのは、長時間残業の強要、賃金未払いの例ですが、冒頭には「『よい会社』で働けているとしても、その会社だってどんなきっかけでブラック化してしまうか誰にもわからない」と記されています。読んでいくと、そのことがよくわかります。意図的なものと限りません。
その「きっかけ」に、先に紹介したMidoriさんの記事が当てはまるのです。
まとまったら、記事にしていきます。

・発達障害
当ブログの主軸である発達障害記事。これは今も変わりません。
このシリーズの続きを計画中です。
発達障害は普通のものか特別なものか(6)-今は失敗が許されない社会?(2012年11月25日)

当ブログの原点は、新しい発達障害観の発信。「発達障害=○○が苦手」という一般論に疑問を持ち、自ら発信し始めたわけです。
仕事記事では、多数派(主に定型発達者)が抱える生きづらさに焦点を当ててきました。それに対し、「発達障害は普通のものか特別なものか」シリーズ(2012年7月~)では、一般的に言われている「発達障害の特性」に焦点を当てています。それらが本当に特性なのか二次的なものかを検証しています。
今後、この検証をさらに進めていきます。
先の「職場の状況を解くキーワード」も、この検証を進めるのに大きく関係すると考えています。現在の発達障害界にも当てはまると見ています。
また、うつ病関連の本に書かれていた「DSM(精神障害の国際診断基準)は、1980年に発表された第3版(DSM-3)で大改革が行われ・・・原因を探るより症状を重視するようになりました」も、検証を進めるバックグラウンドになりそうです。

各分野の記事は、どれも関係しあっています。私の中では同じです。
「かけ橋ブログ」を目指し、これからも更新を続けていきます。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

「特性」と「二次的なもの」

発達障害の“特性”と“二次的なもの”を検証していくということについて。

わたしは数多くの不安感(予期不安を含む)を持って生活しています。
たとえば、電話で会話することは決して嫌いじゃないのに、突然かかってくる用件が予測できない電話(先方からかかってくる電話の大概)はとても苦手です。用件が明確になるまで心臓がバクバクします。
不意に、地震が来るんじゃないか、強盗に襲われるんじゃないか、という不安に駆られることもままあります。
予測不能な状態への不快感から発生する不安もおおきいです。予測していない(したくない)状況に置かれることへの恐怖がおおきいのだと思います。

ずっと上記のことは、わたしが“弱いから”だと思っていました。ひとに相談することもなく、ひた隠しにしてきました。
けれど、生活に支障をきたすほど酷くなり、通い始めた心療内科医から、その不安の原因は発達障害にあると説明を受けました。治るものではない、慣れるものだと言われました。「何故?」と考えてはいけない。行動することだけが対処方法だとも言われました。

“特性”と“二次的なもの”を検証する作業は、「何故?」の部分を突き詰めていく作業なのでしょうか。それとも別の意味があるのでしょうか。
良かったら、教えてください。
※Deep Green EX 「Fever」、読んだうえで質問しています(*^_^*)♪

Re: 「特性」と「二次的なもの」

真美さん
この質問、誰かから必ず出てくると予想していました。
納得いく返答になるかわかりませんが、FAQを想定して書きますね。

世間一般の考えだと、きっとこのようになるでしょう。
「特性」だとすると、次に出てくるものは「仕方ない」。
「二次的なもの」だとすると、次に出てくるものは「克服するもの」。
どちらであっても、予期不安を「悪いもの」ととらえた発想でしょう。
「悪いもの」受け容れたいとは思いませんね。
この発想で解決しようとすると、必然的に「苦難の道」になります。
これは、「恐れ」から出発する考え方です。

では、予期不安を「今の自分が生きるために必要なもの」としてみましょう。
さっきより、受け容れやすくなったと思います。
その上で、今より快適な生き方を探すとすれば、それは「希望」から出発する考え方です。

後者の方が、前者より快適だと思いませんか? 
私は、これを「自分を愛する」ことと考えます。

努力信奉の強い日本では、前者の方が圧倒的にメジャーです。
後者は、そこから抜け出す考え方です。

また、この記事でDSMのことを取り上げたのは、「先に症状ありきでは、必然的に前者の発想しか出てこない」と思ったからです。症状=悪いもの、ですから。西洋医学の弱点かもしれません。

私は、これらの考えをフェルデンクライス・メソッドから得ました。いや、この考えを確かにするために、私はフェルデンクライスを学び始めたのかもしれません。

後者で考えれば、「特性」と「二次的なもの」はどうでもいいと思いませんか?

「希望」から出発するとは

まささん。
丁寧な返答をありがとうございます。

「希望」から出発する。
なんとな~くわかるのですが、理解出来ているものやら・・・。

具体的にはどうすることなんでしょうね。

主治医の言う「慣れる」の方も、なんとな~くしかわかっていません。いつまでたっても慣れないから。
けれど、“慣れない自分”を責める気持ちは7年病院に通い続けて無くなってきました。“慣れない自分”に慣れたんですね。

以前は、不安を抱くと、不安になる自分を否定する気持ちも一緒に生まれて、二重苦でした。
でも今は、不安を抱いたら、「不安だ~」と口にしたり、誰かに伝えるようにしています。
不安=悪ではなく、私が陥り易い状態だと捉えて、ヘルプを発信出来るようになりました。
自己解決することが望ましいのだと思いますが、なかなか難しい。「脳波測定しながら快適な脳波状態を作る訓練(ニューロフィードバック)」とか「手に刺激を与えて脳への刺激を減らすグッズ」とか色々試しましたが、効果はいまいちです。

不安=悪だと思わなくなった時点で、「希望」から出発する一歩を踏み出せているのでしょうか。


横道にそれてしまいますが、
Deep Green EX「Fever」を読んで考えたことを少し。
恐れと怒りの感情が表裏一体なのは知られていることだと思います。
けれど私の場合、恐れ(不安)を感じるとき呼び起こされる感情は主に“悲しみ”なのです。
不安が募ると、生まれてきたことが悲しいと感じます。
死んでしまいたいというのとは明らかに違う、痛み(pain)なんです。
延々と続く怒りも苦しいのでしょうが(経験がないのでわかりません)、悲しみは一時も発散されないので、やっぱり苦しい。
これって怒りのコントロール不全状態なんでしょうか。
ずっと以前から謎のままです。

Re: 「希望」から出発するとは

真美さん
一歩を踏み出せていますよ。
自分を100%信用することから、「希望から出発する」が始まります。
あとは、言葉で考えないことです。心と体は、ちゃんと快適な方向を知っています。

「Fever」の話は、またの機会に。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: