もしかして強気に見える?

今回の連続記事をはじめ、今までの私の日記から、もしかして私は、「強気なやつ」と見られているのだろうか。
確かに不登校もなく(当時「不登校」なんて言葉はなかったが)、仕事も何とか続いている。
しかし、「生きにくさ」はあらゆる場面で感じている。昔も今も、仕事でも趣味などの集まりでも。
「対人モード」なんて考えたことなかったが、もしかしたら私は常に「対人モード」なのかもしれない。それが、私にとっての「生き抜くための術」か。それがこのブログにまで出てしまったかも。
私は、目の前のストレスには対処する力を身に付けているのかもしれない。「対人モード」などの「厚化粧」を駆使して。
でも、もし「厚化粧」のまま走り続けているとすれば、息切れして、いつか走れなくなってしまうだろう。
今一度、「自分を知る」に立ち戻る必要があるのかもしれない。アスペルガーに気付いた今、自分の「厚化粧」や「弱い部分」を知り、認めることは可能なのだから。

ということで、今日は連続記事をお休みしました。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

こんなこと言ったら失礼かもしれないけど、全然「強気の人」には見えませんよ~。

言葉のチョイスはうまいし独特だなとか思うけど…。

自分の障害を知るってすごい大事だと私も思います。
知る事で、楽になることって沢山あるし、認めるのも勇気だから。

生きにくさはなくならないけど、
少しだけ、自分らしくいられるから…。
他よりずっと遅いスピードで、
他よりずっと変わった角度で、

だから時々ASってお得な障害かも?って思う時もあったりします。

同じです

はるちんに先に言われちゃったあ~(^o^)v

わたしもそう思います。
はるちんの言葉を借りれば、「認めるのも勇気だから。」これだと思います。

だからと言って「弱い人」とも感じませんよ~
しっかり物事をとらえられるかただとおもっています、わたしは。

それと、「厚化粧」もときにはいいと思いますよ、人間なんだから。

No title

失礼ながら、僕にも気弱な男の子にしか見えませんよ(笑)。
年齢は、もう十二分に大人でありながら、大人になる事を嫌がってる風にも見えますよ。

ホントは自分のことも十二分にご存知だけど、認めるのが嫌なだけだったり・・・いや、失礼。
とりあえず、肩の力を抜いて自然体で行きましょう。

人生、たかだか50年か長くて80年とチョット。
頑張ったところで、どの道大したことなど出来やしません。
でも、世の中、いろんな人から有形無形で育ててもらってる訳ですから
自分にできる事で「次の時代に恩返し」くらいはするべきですね。

私は、一般の健常者よりも強く、正しく、逞しい、新しい魅力的な障害者像を目指します。
一緒にめざしませんか?

No title

私から見ますと、自分の障害を自覚した上で、己を出しつつ、この社会を生き抜こうとする、まささんの姿勢は強気だと感じます。

自分に弱い部分があるのを知っているからこそ、強気で前進していこうとする意気込みを感じるからです。

まささんのブログ愛読者が本音でコメントして下さって、まささんをサポートしていらっしゃるのは素晴らしいですね。良いお仲間に巡り会っていらっしゃいますね。もち、私も応援してます。


No title

「対人モード」とは、どういうモードなのかがまず分かりません。
対人緊張なのか、建前が強いのか、素直になれないのか、ご本人のとらえる「対人モード」なるものが、どんな意味なのか分からないのでなんとも言えませんが・・・。
(誰にとっても、の共通語ではないと思います。)
「強気の人」とは思えません。
ASの人・理系の方に多い文体のようには、読んで感じていましたが。
ご自身の「弱い部分」を自覚することと同様に、「強い部分」も自覚し認めて宜しいのではないでしょうか?
偉そうなことを、失礼いたしました。

Re: みなさんありがとう

春実さん
のんちゃん
癌ダム4Dさん
AGさん
ばーばらさん
みんなありがとう。ちょっと甘えてしまいました。今回は「まとめて返事」でごめんなさい。
本人は強気を装っているつもりでも、いい歳して「気弱な男の子」が丸見え。みなさんにはすっかりお見通しですね。
自分のこと、言葉にならないだけでわかっていないはずないのです。アスペルガーの「告知」を受けた瞬間、何も疑わなかったのですから。
でも、まだ自分のことを認めきれない。適当にサラリーマンしている限り、強気さと「適当な厚化粧」=対人モードで何とかなることも知ってしまったので。もちろん、「強気」も「厚化粧」も自分のものだけど。
でも、私は過去に「誰もが社会を動かす存在」と教えられ、今もその思いは変わっていません。適当に生きることのつまらなさも知ってしまっています。
「恩返し」までは言えないけど、いろんな人に育ててもらったことを、今度は自分なりに社会に還元していければと思い、「自分が目指す方向」の模索に至っています。目指すのは、まさに「新しい魅力的な障害者像」。アスペルガーを持ったことも、悪いことばかりではないなって。
肩ひじ張ってもうまくいかないのは、いやというほど経験しています。なかなか自然体になれないけど、ぼちぼちやっていこうと思います。
ほんと、ありがとう。できれば、また励ましやお叱りをしてやってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: