フェルデンクライス教室の案内です(10月)

週末の昼間に行っているフェルデンクライス教室の案内です。次は土曜日です。

日時:2012年10月27日(土)14:00-16:00
場所:大阪市内の貸会議室
テーマ:無理なく起き上がる
日常生活に役立つレッスンです。

少人数(6~8人)制のため、予約制としています。
当ブログ左サイドのメールフォームからご予約いただければ、詳細な場所等をお知らせします。

前回の教室報告です。
今回は這うレッスン。赤ちゃんは、ハイハイすることで体の様々な動きを身に付けていきます。人間は、後天的に体の動かし方を学んでいくのです。
それをしっかり追体験していただきました。
参加者からは、「普段することのない動きを経験出来た」との感想をいただきました。
レッスンでは、非日常の動きを経験し、それを日常に活かせるようにしていきます。
(2012年9月30日)

フェルデンクライス・メソッドは、スポーツ、演劇、声楽など、あらゆる分野でパフォーマンス向上に役立つものとして認知されているものです。
当ブログ左サイド「フェルデンクライス」カテゴリもご覧ください。参加者の体験記や関連リンクもあります。
ぜひ一度体験してみてください。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

いつもレッスンありがとうございます。(^^)
自宅に帰ってからレッスンを復習してみるのですが、記憶が頼りなので、ちゃんとしたレッスンになってるか不確かなところがあります。
復習できるように、簡単なレッスン説明文書をいただくことはできますか?

Re: 幽冥土さん

いつもレッスン参加ありがとうございます。動きの探求を楽しんでくださいね。
フェルデンクライスには、動きの「型」はありません。「型」にはまると、フェルデンクライスの狙いから外れてしまうからです。
レッスンを正確にトレースしようとすると、「型」にはまってしまいます。
復習されるなら、ぜひ市販の独習書を使って、レッスンで行ったこと以外も含めてやってみることをおすすめします。
また来てくださいね。

幽冥土さんへ

そもそも、「ちゃんとした」レッスンてどんなレッスンなんでしょうか?私もハーモニー体操を学び始めた頃、幽冥土さんと同じ様な不安がありましたが、『記憶が曖昧だったとしても、多少いい加減でも、それなりに身体や脳に対して働きかけ、学習が行なわれているから(安心していいよ)』って教わったんですよ、これが。
フェルデンクライス(やハーモニー体操)って、「こうしたらこうなるよ」てな代物じゃなくて、「どうしたら楽に出来ますか?」とか、「こうしたらどう感じますか?」てな具合に個々人が探究するワークだから、『型』や『正解』は無いんですよね。『こんな感じだったかな〜』とか自分の身体で色々試しながら動いてみたら、それだけで充分にレッスンになり得ると思います。

KUMAさんへ

KUMAさん、アドバイスありがとうございます(^^)
「型」や「正解」が無い。これにつきるのですね。
10/27はそいうこころがけでレッスンを受けてみようと思います(^-^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: