自己表現が認められない会社に未来はあるか?そして私の決意

先週末、演劇や音楽ライブをいくつか観てきました。そこで、あることに気付きました。
「自己表現が認められない会社に未来はない!」
あまりに唐突ですね。少し解説します。

以前、企業の中で私が経験したことを記事にしました。
「企業社会と私」シリーズ(2009年12月21日-2010年1月8日、計5回)
職場での「内と外を分けない実証実験」報告(2012年1月7日-1月26日、計6回)

ここでは、形ばかりの「成果主義」によって起こった、職場の無気力な雰囲気、セクショナリズムなどの現象を、私の経験に基づいて記しています。
この記事に、それを端的にまとめています。
やはり脱サラしかない?-「企業社会と私」追補(2010年2月27日)

でも、なぜそういう現象が起こるのか、どこに解決法があるのか、今ひとつ説明しきれませんでした。
今回、演劇やライブを観ていて、その謎が解けたわけです。

今回観た演劇・ライブの出演者のほとんどは、アマチュアです。どれも、お客さんは十数人~30人ほど。大規模な商業公演ではありません。
出演者にとって、表現することは生きることに他ならないでしょう。
そこで、私の職場にそれがないことに気付いたのです。

もちろん、職場に劇や音楽を演じる機会が必要なわけではありません。職場においては、毎日の業務を工夫する、協力して仕事を進めるといった「ちょっとしたこと」が、働く人の自己表現そのもののはずです。
形ばかりの「成果主義」により、その「ちょっとしたこと」が評価されなくなった結果、働く人の自己表現の機会が奪われてしまったのです。そう考えると、職場が無気力になったことにも、容易に説明が付きます。
その上、業務改善がないから効率が悪く、仕事に追われて残業も減りません。

でも、ここに気付く人は今までいなかったのでしょうか。なぜここまで悪化してしまったのでしょうか?
「企業社会と私」シリーズの中で、私は「多数派には、『流される特性』がある」と記しました。つまり、無気力でセクショナリズムの強い「空気」です。
それぞれの自己表現が奪われると、「空気」の支配力が強まるのは、想像に難くないでしょう。
そして、私はこう推測します。
「『空気』に、現場だけでなく経営層まで支配され、制御不能に陥っている」
空気を読まない(正確には「空気に飲まれない」)私は、この「空気」を外から見ることが出来ます。空気の中にいる人には見えません。
でも、これは日本の近代史とも重なることなのです。

私は決意しました。
私は、裏方とはいえ、演劇やライブを作る側でもあります。
今後そういう機会があり、今の仕事と両立出来ないときは、躊躇することなく「自己表現出来る」方を選択します。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして♪

「ひろ」と申します。
39歳のシングルマザーで3人の子どもがいます。
ADHDの診断済みです。

現在、特性をオープンにして、求職中です。

他人にADHDをカミングアウトしても、「えー、全然そうは見えないよー。」「そんなん考えすぎやでー。」「発達障害って子供だけでしょ?」などの、気を使ってくれているのかどうかよく分からないお返事ばかり・・・
母親からは、「親の言うこと聞かへんから、そんな障害になんねん!」「自分の子どもが障害者なんてショックやわー」と。
別れた旦那からは、結婚中に「何でそんなことも(鍵のしめ忘れなど)できへんの?(脳みそが)足らん子やったらしゃーないなぁ~」・・・などなど。


・・・ずい分と打たれ強くなりました。
なんだか人格が歪みもしましたが(=_=)


発達障害者が、(もちろん他の障害をもっておられる方も)社会にどんどん出ていくしか、今の世の中の「いや~な流れ」に歯止めをかけることができないと思います。
逆に、社会にどんどん進出していくことによって、ほっといても、少なくとも今よりも人間たちが、人として「あるべき方向」に向かっていくような気がします。
いい循環が生まれてくると思います。

あらゆる多数派が、また、あらゆる少数派がこの世に生まれてくるってことは、みんな必要だから生まれてくるんだと私は信じています。
お荷物になる人なんて、だれひとりいないはず。
分けるのではなくて、囲うのではなくて、一方的に守るのではなくて、”共に”という視点が必要だと思います。
それが自然の姿だし、逆にお互いに楽になるんなんじゃないかな~と思います。

多数派だけが、意気込む必要はない。
少数派だけが、ガマンする必要はない。

多数派の「息苦しい制約みたいなものがたくさん含まれた空気みたいなもの」を、時には、あえて見えていないふりをしながら、いつか実のなるタネを「多数派砂漠」の中で地味にまき散らしていこうと、身近なところから楽しみながら現在実行中です。
「楽しむ」ということが私にとって「命」なので、その気持ちを忘れずに、ボチボチがんばっていきたいと思います(^^)

では、これからも、ブログ楽しみにしていますね☆

Re: 鍵コメさん

早速の訪問ありがとうございます。
当ブログ、写真記事がたくさんありますので、ぜひそちらから見てくださいね。
次回はおなじみの人のライブレポートです。
これからもよろしくです。

Re: はじめまして♪

ひろさん、はじめまして。
私が書ききれなかったことをすべて補足していただいた思いです。
今の世の中の「いや~な流れ」に歯止めをかける、みんな必要だから生まれてくる、ほんとその通りと思います。そして、それはお互いに楽になる方向。
真の「楽しむ」を知っているのは、少数派ではないかと思っています。「空気」に支配された「多数派砂漠」の中で、多数派があえでいるのが、私たちには手に取るようにわかりますね。
身近なところから、楽しみながら地味にまき散らしていきましょう。
これからもよろしくです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさん

コメントおおきにです。
人間ウォッチングを楽しみながら仕事していますので、まだ大丈夫ですよ。

No title

自己表現は認められるべきで
それをなくして未来はなりたたない。

ところで私の場合そもそもの感受性が強すぎるので
いろんな自己表現の前にクラクラしてしまう。
ライブだって時に気を失いそうになることも(いい意味で)。

私が普段「ひっきー」しているのは、
表現をする場合にも受け取る場合にも
強烈なエネルギーを必要としてしまうからかもしれない。

しばらくエネルギー照射を控えつつ、発散も様子見かな?

なんのこっちゃかわからないコメントでごめんなさい。

Re: ぷぷちゃ~ん

そうだよね。
自己表現なくして未来は成り立たないよね。

人って、思っている以上に自分に合ったものを、その時々に選択しているものです。
パワー全開も、お休みモードも、何か理由があって起こっているはず。
「全てのことに理由がある」です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: