【お友達ブログ紹介】「雨の日は本を広げて」

発達障害のとらえ方が私と非常に近い方のブログを紹介します。
発達障害者と定型発達者をつなぐ「かけ橋」の役割をはっきり認識されている方です。
「雨の日は本を広げて」(フロびぃさん)

出会いは、当ブログのこの記事にコメントをいただいたことから。
「かけ橋シリーズまとめ(第5話)」(2011年1月11日)

この記事にいただいたコメントの通り、発達障害を「片方が健常で片方が障害」ととらえることに疑問を感じ、それを自ら検証すべく、さまざまな分野の本を読んで、考えをまとめておられます。
現在紹介されている本は51冊。最初は発達障害がテーマの本が多いですが、だんだん各分野に広がっています。
いくつか紹介します。

「多数者と少数者の架け橋になる」(色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 伊賀公一)(2011年8月25日)
色覚障がいが、障害でなく見え方の違いであることを、この記事で初めて知りました。

「ハイコンテクストな日本語ローコンテクストな英語」(英語の頭に変わる勉強法 竹岡広信)(2011年1月31日)
フロびぃさんは、この本から「同じコミュニケーション障害といっても、英語圏では『うまく表現できないことが障害』、日本では『うまく状況を読めないことが障害』という差異が、もしかしたらあるのではないか。」と推察しています。

「つながりたい自己」(「痴呆老人」は何を見ているか 大井 玄)(2011年2月18日)
長文ですが、とても興味深いです。上の記事とも関連しています。
「日米の文化比較として、アメリカ人は、認知症になることを怖れる理由として圧倒的に「自己の自立性が失われること」をあげていると述べられていることでした。日本のアンケートでは「家族や周囲の人に迷惑をかける」というのが圧倒的に多数だということでした」から始まります。

発達障害に関する本の紹介では、発達障害が本人の問題でなく、まわりの問題であることを明らかにしています。
「時代文化的要因-広汎性発達障害と適応障害」(時代が締め出すこころ 精神科外来から見えること 青木省三)(2011年12月12日)
「適応障害を生じること=発達障害 ではないということ。今の日本の発達障害を取り巻く状況では、この誤解が一人歩きして新たな誤解や偏見につながる懸念さえあると感じています。」

40冊目を越えてからは、フェルデンクライスが登場します。そして脳科学。
「カラダと向き合う時間を楽しむフェルデンクライス」(フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ マーク・リース/デヴィット・ゼメック・バースン/キャシー・バースン(アメリカ)、かさみ康子 訳)(2012年1月4日)
「体による学習のすべては、感覚と筋肉と脳との情報交換のプロセスで発生するもので、脳は、不要な動きを減らすように調整し、効率的なパターンを学習するのだそうです。」

「脳科学から理解するこどもの定型発達と、そして発達障害」
(「ことばでつまづく子どもたち 話す・読む・書くの脳科学」竹下研三)(2012年2月3日)
「定型発達というのは、先天性の障害を持たずに生まれてきただけでは達成できないことなのだということです。・・・定型でない発達の子どもたちも、発達しようとする力を持っているわけですから。いろんな発達のしかたの子どもたちがあり、それらはすべて環境からの働きかけに支えられているのだといえます。」

「<番外編>脳科学から見たことばの獲得と、自閉症スペクトラム」(2012年2月4日)
「対人交流や社会性のつたなさなどの自閉症らしい『特性』が、そのまま最初から脳にあるのではないということです。」

そして50冊目。発達障害のとらえ方を再検証した結果が、この記事に集約されています。
「脳の新しい常識が私たちの人生観を変えてしまう」(「よみがえる脳 脳は環境の変化に対応し、何歳になっても、絶えず変わり続ける」生田 哲)(2012年2月8日)
「そして、発達障害の教科書は、大きく書き変わる可能性がある、と、私は思います。」

フロびぃさんは、10冊ごとに自分の考えをまとめておられます。「レビューのレビュー」というタイトルの記事です。
「☆レビューのレビュー(その5)☆一生治らないことにしてしまいたい心理が溝をつくる?」(2012年2月14日)
50冊目を読み終えたあとのこの記事には、フロびぃさんの考えがとても明確に記されています。

いかがでしょうか。ぜひコメントしてみてください。
ページの一番上に、「記事一覧」があります。上記以外にも、興味を引く記事がたくさんあります。開けてみてくださいね。

フロびぃさんは、別途日常生活を記したブログも持っておられます。
「晴れの日は、えっちらおっちら」

フェルデンクライス独習記はこちら。
「フェルデンクライスとの出会い」(2011年10月15日)
(連載になっています。前後の記事もどうぞ。)

フロびぃさんの「かけ橋」の姿勢を明確に記した記事はこちら。
「私と家族と発達障害の関係(4)」(2011年2月14日)
(4連載の最終章です。前の3記事もあわせてどうぞ。)

「発達障害者と定型発達者」だけでなく、いろんな違いを持った人のかけ橋になろうという姿勢は、私と同じです。
共に発信していきたいと考えています。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

ご紹介ありがとうございます!フロびぃです。
私自身に確固とした立場があるのではなくて、なにやら違和感があるのです。今の発達障害のとらえられ方に。
でも、なにやら解けてきた感じがしています。が、ちょっとこれからが山場です。かなり大きなものを相手にしなければならない気がしてきています。
ひとりよがりにならないように頑張りたいと思いますので、たくさんの方の意見よろしくお願いしますね。

Re: フロびぃさん

紹介記事、思ったまま書かせていただきました。
「かなり大きなものを相手にしなければならない気がする」、同じ思いです。解けてくるほど大きくなります。
きっと、言葉にすると違うことであっても、同じものを指すのでは。相手にするのは、今の社会全体のようなものかと。
私がいろんなカテゴリ(アーティスト紹介やお芝居のレビューも含め)で記事を書いているのも、そのあたりとつながっています。
この「大きなもの」、若い世代にはちょっと重圧かもしれませんね。私たちの世代かそれ以上なら、耐性を持っている人も多いと思いますが。
機会があれば、一度おしゃべりしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: