講習会メモ その2

フェルデンクライス・メソッドの講習会(京都)の中で出てきた一節。
「ばかげたことなどであっても、意識して(=自分で選択して)やっているのであれば、戻ることが出来る。」
決して特殊なことでなく、誰にでも、どんなことにも当てはまることであるが、発達障害(アスペルガー)においても大きな意味を持つ。
気付かずに「普通になろう」として、戻ることが出来ない(=二次障害が出てしまう)人も少なくないはず。
あくまでも、「そのままの自分でいられる」が当然のことだけど、現在の社会の中で少しでも楽に生きられるために、まだ自分のことに気付いていない仲間に伝えていくことは、緊急の課題であろう。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

確かにそうですね。。
私も気付かず、あわせようとして、二次障害を起こし、今も治らず・・・。未だに、「普通になりたい」願望が酷いので。

なれっこないんだけどね。

Re: 春実さん

私も、大枠でのASはわかっていても、日常のちょっとしたことで、気付かずに合わせようとしていること、結構ありそうです。合うはずないのだけどね。
「普通」と「そのままの自分」のはざまで、私もまだまだ揺れ動きそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: