フェルデンクライス教室、盛況です

今回は、私が指導するフェルデンクライス教室の紹介です。
「フェルデンクライスって何?」という方は、当ブログ左サイドの「フェルデンクライス」カテゴリに入ってみてくださいね。ボディワークのひとつです。
私が発達障害者向けの教室を始めて、1年を越えました。月に2回ですので、既に30回近くになります。
参加者は、発達障害当事者だけでなく、自転車仲間や、現在フェルデンクライス指導者養成コースを受講されている「指導者の卵」の方など。とってもハイブリッドです。

私の教室は、「自己肯定を体からアプローチする」をテーマに行っています。
教室では、私の説明に従ってみなさんが自分で体を動かすわけですが、「ここまで動かす」という「型」はありません。自分が心地よく動かせる範囲で動くのです。
つまり、そこには「否定」がないのです。すべてが「自己肯定」なのです。

また、フェルデンクライスは、動きの説明に言葉を使うものの、自分の体を自分で感じ取る、非言語の世界。
私は、言葉に出来ることは感じたことのごく一部に過ぎないと考えています。非言語の世界はとてつもなく広いのです。
よって、私は、レッスンのあと生徒さんに感想を求めません。感じた体の変化を話したいと思った人にだけ話していただいています。

まわりに合わせる必要も、出来・不出来も、意見を述べることもありません。少人数制ですので、わからないことがあれば、私がお手伝いします。
参加のハードルがとても低い私のレッスン、ぜひ一度体験ください。

レッスン風景です。立って行うレッスンの例ですが、横になって行うレッスンも多いです。
DSCF0129r.jpg

この写真、人によって脚のクロスが違うことに気付きました?
このレッスンでは、最初にそれぞれ「改善したい脚」を選んでいただきます。そのため、人によって左右が違うのです。
その上、このレッスンでは、改善したい脚に直接ワークを行いません。その反対側の脚を能動的に動かし、改善したい脚を受動的に動かすのです。
フェルデンクライスでは、「悪い方を何とかしよう」としません。いい方を活かすことから始めるのです。必ず「肯定」から入るのです。

レッスンは、「NKのつぶやき」さんが世話人を務める発達障害支援団体「こころぴあ ビレッジ」とのコラボで行っておりますが、発達障害当事者に限りません。フェルデンクライス・メソッドは、スポーツ、演劇、声楽など、あらゆる分野でパフォーマンス向上に役立つものとして認知されているものです。

8月、9月の開催日:
2011年8月23日(火)18:30~20:30
2011年9月7日(水)18:30~20:30
2011年9月15日(木)18:30~20:30
大阪市北区・中央区の貸し会議室にて開催します。

レッスンは、前半と後半に分かれます。前半だけ、後半だけでもかまいません。開始に間に合わない方、早めに帰られる方も、安心してご参加ください。
少人数(6~8人)制のため、予約制としています。お手数ですが、当ブログのメールフォーム、もしくは「こころぴあ ビレッジ」の予約フォームから予約をお願いします。
http://cocopv.jpn.org/fb.html
質問等がありましたら、当記事へコメントにてお寄せください。

当ブログ左サイド「フェルデンクライス」カテゴリには、参加者の体験記や関連リンクもあります。ぜひご覧ください。

みなさんの参加をお待ちしています。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

こんばんは。イスチです。

フェルデンクライスって何か聞いたことある言葉だな、
って思ったら、先週、鎌倉の神社の隣の公民館で受講した、
高齢者向け体操の「ハーモニー体操」の先生に聞いた言葉でした。
「ハーモニー体操」は、この「フェルデンクライス」が基になって
いるんですよ、と聞いて、適当に「へー」と聞き流していたのですが、、、

いやぁ、なんか色々カブりますね(笑)。

Re: イスチさんへ

イスチさん、Neccoライブではどうも。ライブレポート記事作成中です。
いや~、ここまで重なるとは。
ハーモニー体操、フェルデンクライス指導者たちの間でも話題になります。短時間で、体の変化を感じやすいレッスンを組み立てた、「現代版」といってもいいでしょう。フェルデンクライスと大きな違いはありません。私も、他の指導者も、肯定的に見ています。
サイトに入って、Q&Aを読んでみました。80歳のミア・シーガル先生、昨年日本で指導者向けトレーニングを開いていたんですよ。フェルデンクライス・メソッドの権威です。
どちらも、体から「自己肯定」を知るレッスンです。まったく高齢者に限りません。決められたとおりに動くことに慣らされた、若い世代に受けてほしいくらいです。
機会があればまた参加してみてくださいね。
生誕祭、Neccoライブにも来ていた「てんこ」さんも、私と同じフェルデンクライスの指導者です。こちらもいかがですか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさん

コメントさありがとうございます。
別途いただいたコメントにまとめて返信させていただきますね。
よろしくです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: