堀川ひとみ「ひーたん生誕祭2011」から一夜明けて

発達障害界の歌姫 堀川ひとみさんの誕生日ライブ「ひーたん生誕祭2011」(6月25日)の速報です。

ライブ会場「糀ホール」の入口です。
KIF_1759r.jpg

今回、私は音響(PA)スタッフですので、スタッフ証を付けます。はがきサイズです。
KIF_1765r.jpg

糀ホールは、クラシックのコンサートに最適な小規模ホール。ピアノにマイクは不要、生音がホール内に十分響きます。よって、PAはマイク1本だけです。
音響ブースは、舞台左側(しもて)の袖にあります。壁で仕切られており、わずかなすき間からひとみさんの後姿が見えるだけです。
KIF_1763r.jpg

ライブは、定番曲あり新曲あり、そして抽選会あり、盛りだくさんの内容でした。
ライブレポートは後日アップします。今しばらくお待ちください。

今回は、ひとみさんグッズも豊富。その中でもすごいのが、この「ひーたん攻略BOOK」。A4判32ページ、大きいです。全ページカラー印刷で、結構重みがあります。
ライブ写真、生い立ち、3枚のアルバムの詳しい解説、そしてファンの熱~い投稿ありの、超高密度な内容です。超おすすめです。
私の寄稿も、「エッセイ」の中にあります。

KIF_1769r.jpg

公式web 堀川ひとみ-禁断のmy room- にライブ参加御礼記事が出ています。
応援サイト 「ひとみファイターズどっとこむ」 にも、速報(ライブ写真)があります。ライブレポート作成中とのこと。こちらもお楽しみに。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

(追記は、音響(PA)に関する補足です。)
メイン記事の通り、今回のPAはボーカルマイク1本(+ジングルやエンディング曲の再生)のみです。
今回は、設備の関係でエコー(ディレイ、リバーブ)なしです。イコライジングも、フラットにすべく低音域をわずかに上げただけです。芯のしっかりしたひとみさんの歌声がそのまま拡声されます。
なお、音響ブースの場所は、メインスピーカーの後方ですので、会場の音を聴きながら調整することができません。リハーサルのうちに、客席とブース内での聴こえ方の違いをしっかり頭に入れておきます。
ライブ後、複数のお客様から「ピアノとボーカルのバランスがよかった」との感想をいただきました。うれしい限りです。

また、PAはオペだけではありません。ノイズが乗るといったトラブルにも対処する必要があります。今回は、ホールの設備に手を入れることなく、操作方法の工夫で「ジー」というノイズの低減を実現しました。
今後も、こういったことも含めたPAを目指していきます。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

ありがとう!

堀川ひとみです!
当日は本当に自然な聴きごこちの音に仕上げてくれて本当にありがとうでしたっ!
お土産CDをスタッフのみんなに用意していたのに渡すのを忘れてしまいました(泣)
お送りしますね☆

No title

ライブお疲れ様でした。素敵なPAでした!
この日、都合がついて生誕祭に来られた事を心から嬉しく思います。

打ち上げは、当事者にとってハードルが高く、二言三言話すのが限界でした(正直しんどかったです)。
でも、色々な人と出会えたのが心の収穫でした。
リアルのぷぷちゃんともお話しできて、とても心のやさしい人だと感動しました。
これからも「心を揺さぶる」ひとみさんの生の歌を聴き続けたいです。

Re: ひとみさ~ん

こちらこそ、すてきなライブありがとうございます。打ち上げもすごく楽しかったです。
音に関しては、まだまだ未熟ですので、指摘くださいね。
お土産CD、めっちゃうれしい! 発送はいつでもいいですよ。楽しみです。

Re: いしさん

ありがとうございます。
打ち上げでは、私も短いおしゃべりが多いですよ。ぷぷちゃんとおしゃべりして、彼女のやさしさに触れられたなら、大きな収穫だと思いますよ。
人と同じようにすることないのです。自分なりに楽しめたらいいのですよ。
またお会いしましょう。

おみやげCD

>> えっと、まずは「姫」へ!

1.おみやげCD持って帰るの忘れた(汗
  受けや物販にいる「ぷぷちゃん」と、私個人は
  結構人格が離れているので、さっぱりと忘れていました(汗

2.イッシーさんへ
  (なんかぷぷちゃんは、どっか美化されてない!?)
  まぁいいか。想い出はいつも美しく♪

  「打ち上げは、当事者にとってハードルが高く、二言三言話すのが
  限界でした(正直しんどかったです)。
  でも、色々な人と出会えたのが心の収穫でした。
  リアルのぷぷちゃんともお話しできて、
  とても心のやさしい人だと感動しました。

→ イッシーさん、声かけてくれてありがとう^^
  これからも色々とあると思うけど、私は、すっとずっと
  「姫」を愛して、姫のすることに賛同したり
   姫を阻むものに
   時に捨て身で争ったりきっとするのだろうな。

お疲れ様でした!

PAお疲れ様でした!ひとみちゃんの声とピアノが共に生きる、丁度良いバランスでした。またいつかお会いしましょう!

Re: おみやげCD

ぷぷちゃ~ん
準備が大変だったけど、ほんとに楽しい生誕祭になったね。「ひーたん攻略BOOK」、すごくいいです。
いしさん、まじめでまっすぐな人でしょ。姫の強い味方です。
また「ひーたん」「ぺんぎん」しようね。

Re: お疲れ様でした!

ほまさん、打ち上げ会場で声をかけていただき、ありがとうございます。
ひとみさんのPA、お客様にPAを意識させないようにチューンすると、いい結果が出るんです。
ほまさんのライブ予定、教えてくださいね。これからもよろしくです。

昨夜は有り難うございました^^

昨日、お気付きになられたかと思いますが、ヴォーカル百合絵さんの娘さんも障害を持って生まれてきた一人です。
私も初めてお会いしたのですが、まだ6歳ですからどうなる事やらと心配していたのですが、なんとか無事に終える事が出来ホットしております。
堀川さんはお会いした事がありませんが、この映像で見る限りでは自分をしっかり表現してらっしゃるし、もう克服されているように思えます。
シングルマザーで育ててらっしゃる百合絵さんの応援も宜しくお願い致します。
微力ながら百合絵ちゃんのサポートピアノもして、まりんちゃんの行く末も見守りたいと思いました。

Re: 昨夜は有り難うございました^^

田村綾さん、コメントありがとうございます。こちらこそ、楽しいライブありがとうございました。
井上百合絵さんとは、いろいろおしゃべりさせていただきました。もちろん、娘さん(まりんちゃん)のADHD特性についても。
ここで、発達障害の特性について少し整理しますね。
堀川ひとみさんが克服したのは、二次障害(彼女の場合は鬱)であって、ADHDの混じったアスペルガー特性は、音楽に直結する彼女の「強み」です。
ぜひ、当ブログ右サイドの「ねぇ」、そして応援サイト「ひとみファイターズ」の動画集にある「教えてください人間様」を聴いてみてください。そのことがはっきりわかります。当ブログへのひとみさんからのコメントの中にも、「アスペは(私の)根幹」といったものがあります。
6歳のまりんちゃんも、衝動性と一体なのが、内と外を分けない社交性です。彼女のADHD特性も「強み」なのです。どんどん閉鎖性が強くなっている今の多数派に警鐘を鳴らす、社会に必要な存在でもあります。
私も百合絵さんを応援していきます。これからもよろしくです。

No title

blogにおいで戴き、コメントまで頂戴しありがとうございます。
みなさん仰られていますけど、あのときのひーたんの唄声は、ほんと綺麗に響いていたと思います。
ほんとご苦労様でした。

またひーたんの唄声の前でお逢いしましょうね(^^)。

Re: かずちゃん

訪問ありがとうございます。
1曲目の「灯して。」名曲ですね。「ひーたん攻略BOOK」の寄稿、読ませていただきました。
ひーたんの唄声のPA、シンプルにすればするほど活きてくるんです。
また、ひーたんの唄声の前でお逢いしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: