週末のお出かけ-ひと休み

写真2枚だけのひと休み記事です。どこの風景かわかった人は、ぜひコメントを。海と山です。

空がきれいなので撮ってみました。夕方です。(大阪 2011年3月5日撮影)
KIF_1557r.jpg

雨が降る直前だったので、ぼんやりとした写りです。山の雪、ほんとはもっと鮮やかです。(滋賀県 2011年3月6日撮影)
KIF_1561r.jpg

今になって、いろんな無理やストレスの蓄積が心身に現れてきたのでしょうか。ちょっと疲れ気味です。
いろんな要因がありますが、2007年からフェルデンクライス指導者養成コースに有給休暇をすべてつぎ込んでおり、4年間他の休みを取れなかったことが一番大きいです。この3月末まで休暇なしです。
人も物も、ほとんどの場合、壊れる前に前兆があります。前兆を無視するから本当に壊れると考えています。
ここしばらく、自分の体に小さい「前兆」をいくつも感じています。数ヶ月前から続く腰痛、昼間の強い眠気、倦怠感など。忙しさや仕事のストレスなどが、その元になっていることにも気付いています。
その前兆を無視して動いたためでしょう。1週間前、私は自転車早朝練中に転倒、ケガをしてしまいました。(自転車レース界では「落車」と呼びます。)
所属する自転車チーム「クラブシルベスト」の掲示板「SILBEST通信」にも報告を出しました。(2011年3月2日 20:43投稿)
骨折しなかったものの、打撲の程度はひどく、未だ左腕が自由に動きません。体の痛みが、呼吸などあらゆるところに影響し、疲れにつながります。

先日アップした香山リカさんの講演記事の中で、「心の病は、いつ、誰がなってもおかしくない。」と記したばかり。心の負荷から来る「前兆」が体のトラブルにつながり、それが心の病につながる可能性は、十分あります。今回、その危険性をはっきり感じました。
でも、この週末、友人と会う機会に恵またことで、何とか壊れずにいます。2枚の写真は、そのときに撮ったものです。
私のいろんな活動、どれも「しなければ」とか「こんなにやっているんだぞ」という思いを持ってやっているわけではありません。楽しい方向に引き寄せられるかのごとく動いた結果、雪だるま式に増えてしまったわけです。
でも、友人と歩いたりおしゃべりする中で、ただその場に浸る、思っていることを素直に話すことの楽しさ、大切さに改めて気付きました。そういう機会がなくなっていたな、と。
「活動を減らす」でなく、「自分にとってさらに楽しいことへ向かう」ことで、今の状況を改善していきたいと考えています。
この週末、時間を取っていただいた友人たちに感謝です。

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

No title

サンフラワーらしき船が停泊している海は
えっとー、「大阪港」?

「山」はぜったい、「伊吹山」っしょ!

Re: ぷぷちゃ~ん

さすがぷぷちゃん、おおむね「当たり」です。
「伊吹山」は正解。どこから撮ったかわかりますか。ガードレールに街灯が見えますね。名神高速下りの伊吹PAからです。
「大阪港」は、正確には大阪南港。ATCにある「コスモフェリーターミナル」です。
見えている船は「さんふらわあ こばると」、別府行きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: