歴史が動いた!堀川ひとみ関西ライブレポート☆写真追加しました

どんな言葉を持ってしても、このライブの感動を語ることは出来ないでしょう。でも、少しでも伝えたくて記事にしました。
1月29日に行われた、堀川ひとみ関西ライブのレポートです。
CIMG1723r.jpg
(写真提供:じゅんねごさん

ライブ会場の大阪・中津JamJamは、5m×6mほどの空間。お客さんとの距離がとても近いです。
弾き語るひとみさんの横顔が見えるよう、アップライトピアノが斜めにセッティングされました。(あ、ひとみさんの細い腕が!)
KIF_1426r.jpg

オケをバックに歌うときは、まさに目の前です。
お客さんは、発達障害の関係者だけではありません。私の自転車、フェルデンクライス仲間、古くからのひとみさんのファン、そして初めてお会いする方も多く、とても幅広いです。JamJamの入り口に貼られたポスターを見て来られた親子もいました。
昼の部は男女半々、夜の部は圧倒的に女性の方が多かったです。
ライブ前半は、発達障害を公表する前の曲。やさしいピアノの音色に乗せて、どこまでも伸びるひとみさんの歌声が響きます。
20110129oosaka_egao.gif
夜の部では、新兵器・小型エレピが登場しました。(写真提供:ぷぷちゃん

後半は発達障害を前面に押し出した3rdアルバムの曲、お客さんの涙を誘います。
MCでは、曲に込めた想いが語られます。そして、ひとみさんは「私たちから、ひとりひとりの違いが尊重されることのすばらしさを発信していこう」と呼びかけます。
20110129oosaka_shinryaku.gif
マイクなしで歌うひとみさんにしびれました。(写真提供:ぷぷちゃん

私の自転車仲間である「じゅんねご」さんは、このように記しています。
「もう、この歌を、歌声を聴けばどんな書物を読み漁るよりも伝わってくると思います。心の奥からの叫びが、ピアノの音に乗せて訴えてきます。
休憩を挟んで2時間ちょっとだったのですが、後半の3rdアルバム、これこそ伝えたかったことだなぁと思いました。」

じゅんねごさんは、さらにこう続けています。
「人を理解すること、理解されること。できてるように錯覚してても、本当の意味では誰も人のことを理解なんてしきれていない。多かれ少なかれ、誰でもが持っている感覚なんじゃないでしょうか。
そしてすごく敏感にそれを感じてしまう人、繊細な神経を持っている人・・・
「発達”障害”」という名前が付いているけれど、そういう”天使の種類の人たち”という印象を持ちました。」


もう、付け加えることは何もないでしょう。じゅんねごさん、ありがとう!
今回引用した、じゅんねごさんのライブレポート「堀川ひとみさんのライブに行ってきました」、ほんとすてきです。読みに行ってくださいね。(ブログ『じゅんねごの不転退な人生』

また、下記の方もライブレポートをアップされています。どちらもすばらしいレポートです。記事タイトルもすてきですね。
まほろさんの「さらさらまほろ」より、「魂で人と向きあうときに、その力を放つ」
paix31415さんの「私感・雑感」より、「自己理解と他者理解……相互理解と将来への可能性①」

(2/8追記)昼の部に母娘で来られていた方が、すばらしいレポートをアップされています。
smiley mamaさんの「めざすは極上のhappy life」より、「堀川ひとみ大阪ライブ Live@中津JAMJAM」
中津JAMJAMのホームページにも記事が出ています。トップページと、フォトギャラリーの後半3枚の写真です。

じゅんねごさんは私の自転車仲間、まほろさんとpaix31415さんは発達障害当事者仲間。smiley mamaさんは、このライブで初めてお会いした方。
確実にひとみさんの想いが届いています。もちろん、それぞれの受け止め方で。

ひとみさん、あなたは間違いなく時代の最先端を走っています。私たちライブ参加者は、そこに強く共鳴しました。
誰もバカにされない、ひとりひとりが尊重される社会を目指し、一緒に歴史を動かしていきましょう!

ブログ村のランキングに参加しています。今回もぜひ押して行ってください。
(ブログ左サイドの各ランキングバナーのクリックもよろしくです。)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
こちらへもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついでに、お立ち寄りのしるしとして「拍手」にも一押しよろしくです。

(追記は、今回のライブ音響に関してです。)
今回、私はこのライブの音響スタッフを務めさせていただきました。追記は、音響技術面の話です。
ミキサー、アンプは会場備え付けのものを使い、スピーカーのみ持ち込みました。お客さんの耳の高さに合わせるためです。
モニタースピーカーは使わず、その代わりメインスピーカーをひとみさんの近くに設置しました。
イコライジングはひとみさんにお任せし、リバーブの量もひとみさんの希望に合わせて決定。アップライトピアノにはマイクを入れません。ボーカルのレベルは、楽器より前に出るよう、少しだけ高めにしました。
ライブ後、知り合い数名から、いい評価とともに「やや音が大きかった」とのレポートをいただきました。アップライトピアノがとてもよく鳴るため、そこにバランスを取るべくボーカル、オケを高めにしたこと、そして天井なしに伸びるひとみさんの歌声が、瞬間的にレベル計を想定外の領域まで振らせていたことが関係しているのでしょう。
「マイクなしで歌ったときが一番感動した」(夜の部)との声も。そう、生声にはどんな音響も勝てません!
ひとみさんのピアノの繊細さとクリアーな歌声を、お客さんの繊細な耳にそのまま届ける音響を目指し、さらに工夫していきます。
KIF_1430r.jpg

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさん

コメントありがとうございます。
ライブでお会いできて、ほんとうれしいです。
ひとみさんをまた呼ぼうね!
またコメントくださいね。これからもよろしくです。

ありがとうございます

まささん
今回のイベントについて沢山沢山力を貸してくれて本当にありがとう!

みんなに必要とされる限り歌います。

私はみんなに生かされている。

Re: ひとみさ~ん

未だ大阪ライブの興奮冷めやらぬ「まさ」です。
この「夢のライブ」に関われたこと、ほんとにうれしいです。
私(たち)は、ひとみさんのうたによって生かされています。
「互いに手をとりあっていきましょう!」と呼びかけていくのは、私にとってもライフワーク。
今、時代を引っ張る仲間たちが集まり始めています。
違った力をコラボしあって、歴史をつくっていきましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: