秋の山歩き(1)-筱見四十八滝・八ヶ尾山

秋の山歩きその1は、筱見四十八滝・八ヶ尾山です。
IMGP8533_720_202110121934066c7.jpg
(兵庫県丹波篠山市 2021年9月)

筱見四十八滝から八ヶ尾山へ歩きます。
IMGP8465r.jpg

筱見四十八滝キャンプ場から歩き始めます。少し奥にトイレがあります。
IMGP8466_720.jpg

滝は8つです。
IMGP8474_720.jpg

手洗い滝 足元を流れているので、手を洗えます。
IMGP8477_720.jpg

上:肩ヶ滝 下:弁天滝 迫力があります。
IMGP8484_720.jpg

肩ヶ滝のアップです。岩の間から飛び出してきます。
IMGP8486_720.jpg

長滝 かなり長いです。
IMGP8490_720.jpg

シャレ滝 奥まったところを流れています。
IMGP8496_720.jpg

大滝 存在感があります。
IMGP8505_720.jpg

上:一の滝 下:二の滝 きれいに2つに分かれています。
IMGP8513_720.jpg

滝の横を歩くので、道は急です。遊歩道を歩くようにいきません。
IMGP8498_720_202109231958135dd.jpg

途中、町が見えます。
IMGP8500_720.jpg

急坂を登りきると、
IMGP8514_720_20210923200545bcf.jpg

展望が開けます。
IMGP8515_720.jpg

そして、平坦な道に変わります。
IMGP8520_720.jpg

これは2019年11月に歩いたときのもの。季節で景色が大きく変わります。
IMGP3484_720.jpg

踏み跡を見落とさないよう進みます。
IMGP8525_720.jpg

大きなキノコです。
IMGP8529_720.jpg

平坦な道を過ぎると、稜線上の険しい道に変わります。景色は最高ですが、慎重に歩きます。
IMGP8530_720_202109232005528dc.jpg

山に囲まれた集落です。
IMGP8532_720.jpg

岩をよじ登ります。
IMGP8535_720_2021092320065641c.jpg

山頂が見えてきました。
IMGP8542_720_20210923200656b40.jpg

八ヶ尾山に着きました。
IMGP8547_720.jpg

山頂から東方向の景色です。
IMGP8545_720.jpg

来た道を引き返します。
IMGP8548_720.jpg

滝の上まで戻ってきました。滝を下らず周回コースへ進みます。
IMGP8550_720.jpg

しっかりした道です。
IMGP8552_720_20210923201145c74.jpg

キャンプ場へ戻ります。多紀連山縦走路へ進むことも出来ます。
IMGP8553_720.jpg

秋が始まっています。
IMGP8557_720.jpg

虫たちと共存の跡でしょうか。
IMGP8554_720.jpg

下りてきました。
IMGP8559_720.jpg

初秋の滝と山を満喫しました。
なお、八ヶ尾山から南へ下って弁天池経由でキャンプ場まで周回しようとすると、一部廃登山道を歩く必要があります。山頂から折り返すか、車道を使った周回が安心です。
IMGP8473_720.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

夏の山歩き(4)-釈迦岳・天王山

夏の山歩きその4は、釈迦岳・天王山です。
IMGP8384_720_202109111228020e5.jpg
(大阪府三島郡島本町・京都府長岡京市/乙訓郡大山崎町 2021年8月)

京都西山の南端にあたる天王山とその周辺を歩きます。
JR山崎駅から西国街道を西へ進みます。山城国(京都府)と摂津国(大阪府)の国境を越えます。
IMGP8332_720_20210911120059de2.jpg

山崎蒸留所の横を抜けると、
IMGP8333_720.jpg

水無瀬の滝があります。
IMGP8337_720_20210911120101865.jpg

暑い夏に涼しさをもたらします。
IMGP8341_720.jpg

天王山トンネルの大阪側入り口です。
IMGP8342_720_20210911120104fc5.jpg

高槻方面を一望できます。
IMGP8344_720_20210911120106657.jpg

登山道に入ります。竹やぶが続きます。
IMGP8348_720.jpg

空が見えると、
IMGP8352_720.jpg

十方山に到着です。
IMGP8354_720_20210911120112ccc.jpg

ゆるやかな道を進むと、
IMGP8355_720_20210911120113e13.jpg

小倉山に着きます。
IMGP8357_720_20210911120115391.jpg

ここから西山古道に入り、ポンポン山方面へ進みます。
古道との合流点付近に休憩所があり、時計と温度計が設置されています。
IMGP8361_720_202109111201164dc.jpg

深い溝になった道があります。慎重に進みます。
IMGP8363_720_20210911122740c1c.jpg

車道を横切ります。一旦古道を離れ、ショートカットします。
IMGP8364_720.jpg

すぐに柳谷観音へ向かう車道へ出ます。道端に丁石があります。
IMGP8365_720_20210911122742b93.jpg

再び古道を進みます。
IMGP8369_720_202109111227450d1.jpg

間もなく秋です。
IMGP8371_720_202109111227486ff.jpg

橋や、
IMGP8372_720.jpg

階段を越えていきます。
IMGP8373_720_20210911122751ace.jpg

長岡京の街が見えます。
IMGP8374_720_20210911122753155.jpg

道標を見落とさないよう進みます。
IMGP8377_720.jpg

美しい植林の林を歩きます。
IMGP8378_720.jpg

大沢峠です。少し休憩します。
IMGP8379_720_20210911122757bd2.jpg

ポンポン山方面に進みます。
IMGP8380_720_202109132041352b0.jpg

30分あまりで釈迦岳に到着です。
ポンポン山まであと30分ほどですが、今回はここで引き返します。
IMGP8383_720.jpg

戻る途中、展望台に立ち寄りました。京都市内が一望できます。
IMGP8385_720.jpg

南には淀川や枚方方面が見えます。
IMGP8386_720_20210911122804914.jpg

暑い季節に湧き水は助かります。
IMGP8388_720_20210911122806a02.jpg

柳谷観音への車道から登山道へ戻る際、小さな道標を見落とさないようにします。
IMGP8390_720.jpg

小さな花です。
IMGP8392_720_202109111232205e0.jpg

西山古道を離れ、小倉山近くの分岐まで戻りました。天王山へ向かいます。
IMGP8393_720_202109111232215fa.jpg

歩きやすい平坦な道が続きます。
IMGP8394_720_2021091112322351f.jpg

天王山です。
IMGP8395_720.jpg

下ると、すぐに酒解神社(さかとけじんじゃ)があります。
IMGP8398_720.jpg

鳥居をくぐり、下ります。
IMGP8402_720.jpg

旗立松展望台から街が見えます。近いです。
IMGP8403_720.jpg

宝積寺を経て、
IMGP8408_720.jpg

山崎駅へ戻ってきました。
IMGP8412_720.jpg

都会近郊のロングコースを歩きました。
IMGP8411_720.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

夏の山歩き(3)-唐櫃越(みすぎ山・沓掛山)

夏の山歩きその3は、唐櫃越(みすぎ山・沓掛山)です。
IMGP8297r.jpg
(京都府亀岡市・京都市西京区 2021年8月)


上桂から亀岡へ抜ける山道「唐櫃越」を歩きます。みすぎ山・沓掛山を通ります。
亀岡側の馬堀からスタートです。トロッコ亀岡駅が見えます。
IMGP8278_720.jpg

如意寺の横を抜けると登山道になります。石の像は猫に見えますが、何でしょうか。
IMGP8282_720.jpg

花に蜂が来ています。
IMGP8286_720.jpg

登山口です。
IMGP8287_720.jpg

柵を開けて進みます。必ず閉めます。
IMGP8288_720.jpg

山道です。
IMGP8290_720.jpg

何の花でしょうか。
IMGP8291_720_202108232205104a9.jpg

さらに登ると、
IMGP8292_720.jpg

みすぎ山に到着です。ベンチで休憩します。
IMGP8298_720.jpg

亀岡の町がよく見えます。
IMGP8300_720.jpg

少し進むと保津峡が見えてきます。
IMGP8301_720.jpg

山陰本線の鉄橋が見えます。
IMGP8304_720.jpg

しばらく下ると林道に出ます。
IMGP8306_720_20210823220826ad9.jpg

途中から舗装路になります。
IMGP8307_720.jpg

再び山道に入ります。
IMGP8309_720.jpg

倒木のトンネルを抜け、
IMGP8313_720.jpg

狭い道を抜けると、
IMGP8315_720_202108232208340ea.jpg

沓掛山に到着です。
IMGP8316_720.jpg

西京区の町が一望できます。
IMGP8318_720.jpg

上桂へ進まず、引き返します。舗装路が長めです。
IMGP8321_720_202108232208388c5.jpg

山道に戻ります。
IMGP8324_720_20210823220841482.jpg

みすぎ山を過ぎて下っていきます。
IMGP8325_720_202108232208432e1.jpg

戻ってきました。
IMGP8326_720_202108232208441f7.jpg

のどかな町に着きました。
IMGP8329_720.jpg

歴史の道と美しい保津峡を楽しみみました。
IMGP8305_720.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

夏の山歩き(2)-るり渓・掃雲峰

夏の山歩きその2は、るり渓・掃雲峰です。
IMGP8258_720.jpg
(京都府南丹市 2021年7月)

大阪最北部を抜けたところにある清流・るり渓を歩き、掃雲峰へ向かいます。
るり渓の上流から歩き始めます。神秘的な渓流です。
IMGP8210_720.jpg

遊歩道が付いており、安心して歩くことが出来ます。
IMGP8213_720.jpg

白い花が咲いています。
IMGP8214_720.jpg

千幻瀑と言うそうです。滝や岩に名前が付けられています。
IMGP8215_720.jpg

平たい岩も多く見られます。
IMGP8220_720_202108131906221c5.jpg

何段も重なる滝がたくさんあります。
IMGP8225_720_20210813190625a62.jpg

「森の小さなおもちゃ館」との看板ですが、閉館して久しいようです。
IMGP8226_720.jpg

下流側の入り口です。1935年に建てられたようです。
IMGP8227_720_20210813190628779.jpg

車道を歩きます。田畑が広がっています。
IMGP8228_720.jpg

実が成っています。
IMGP8233_720.jpg

下流入口より1kmほど下ったところに滝があります。鳴瀑と呼ばれています。
IMGP8235r.jpg

掃雲峰へ向かいます。別荘地を抜けると登山口があります。
登り始めてすぐのところで、迷いやすいところがあります。急な登りの右でなく、平坦な左へ進みます。
それ以外、迷いやすいところはありません。
IMGP8237_720.jpg

急な登りですが、階段が付けられており、登りやすいです。
IMGP8240_720.jpg

テープや道標が設置されています。
IMGP8241_720.jpg

展望のいいところがありました。北方向です。
IMGP8242_720.jpg

さらに登ると、
IMGP8244_720_20210813192935a5a.jpg

大きな岩が見えてきました。天狗岩です。
IMGP8246_720.jpg

ここからは平坦な道になります。
IMGP8248_720.jpg

ほどなく掃雲峰に到着です。
IMGP8250_720.jpg

天狗山とも呼ばれるようです。
IMGP8251_720.jpg

引き返します。天狗岩の後ろに回ると、はしごがありました。
IMGP8256_720_20210813192944f88.jpg

天狗岩に登ることが出来ました。
IMGP8257_720.jpg

南東方向です。別荘地でしょうか。
IMGP8259_720.jpg

南には通天湖が見えます。
IMGP8260_720_20210813192950447.jpg

立派な松の実です。
IMGP8262_720.jpg

何の実でしょうか。はじけているようです。
IMGP8265_720_2021081319325021a.jpg

下りてきました。
IMGP8266_720_20210813193251fcd.jpg

別荘地の入り口です。鳴瀑より少し上流です。
IMGP8268_720.jpg

来た道を戻ります。親子で水遊びをしています。
IMGP8269_720.jpg

遊歩道入り口です。
IMGP8270_720_20210813193256b6d.jpg

昼前になり、明るいです。
IMGP8272_720.jpg

涼しげな渓流、そして展望のいい山を満喫しました。
IMGP8274_720_20210813193259fdf.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

夏の山歩き(1)-牛松山

夏の山歩きその1は、牛松山です。
IMGP8165r.jpg
(京都府亀岡市 2021年7月)

丹波富士とも呼ばれる牛松山を歩きます。
JR亀岡駅から歩いて登山口まで行くことが出来、アプローチが容易です。
福性寺の横にある登山口から登り始めます。
IMGP8139_720.jpg

森の中です。
IMGP8140_720.jpg

丁石があります。参道です。
IMGP8141_720.jpg

途中、立派な鳥居と灯篭があります。
IMGP8144_720.jpg

丁石が続きます。
IMGP8146_720.jpg

亀岡の町が見えてきました。
IMGP8150_720_202107301906306f6.jpg

サンガスタジアムが見えます。
IMGP8155_720.jpg

石の階段が整備されています。歩きやすいです。
IMGP8158_720.jpg

再び鳥居です。
IMGP8164_720.jpg

金刀比羅神社に到着です。
IMGP8168_720_20210730191205ba4.jpg

吊るされている奉納船は、保津川下りの安全祈願とのことです。
IMGP8167_720_202107301912046d0.jpg

少し進むと、牛松山に到着です。
丑年なので、この看板を撮影して観光案内所で見せると、「牛松山登山証明書」をもらえるそうです。
IMGP8170_720_202107301912076cf.jpg

少し離れたところに、牛松山の三角点があります。
IMGP8171_720.jpg

北方向へ下っていきます。
IMGP8172_720_20210730191211f99.jpg

下界が見えます。
IMGP8173_720.jpg

登山口まで下りてきました。
IMGP8176_720_20210730191213f3e.jpg

愛宕神社があります。元愛宕と呼ばれています。
IMGP8181_720.jpg

本殿は重要文化財だそうです。火の神様です。
IMGP8184_720.jpg

風情のある湧水です。
IMGP8182_720_20210730191217e2f.jpg

ポンプ車が格納されています。
IMGP8185_720.jpg

和らぎの道を歩きます。
IMGP8187_720.jpg

平野を見渡すことが出来ます。
IMGP8188_720.jpg

道端の花です。
IMGP8189_720.jpg

田んぼが広がっています。
IMGP8194_720.jpg

福性寺に戻ってきました。立ち寄ります。
濃い緑を抜けると門があります。
IMGP8201_720_2021073019135929a.jpg

庭が美しいです。
IMGP8203_720_2021073019140209b.jpg

緑と展望、歴史ある神社を堪能しました。
IMGP8151_720.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: