冬の山歩き-るり渓・天狗岩・掃雲峰・興山

冬の山歩きは、るり渓・天狗岩・掃雲峰・興山です。
IMGP1256_720.jpg
(京都府南丹市園部町 2024年1月)

るり渓の下流から歩き始めます。音がすることから、鳴瀑と呼ばれています。
IMGP1235_720.jpg

渓流歩道へ入らず、登山口へ向かいます。新しい看板が立っていました。
IMGP1238_720.jpg

登り始めてすぐ、迷いやすい箇所があります。右の急登にも左の谷にも入らず、まっすぐ(やや左寄り)に進みます。
IMGP1240_720.jpg

最初さえ間違わなければ、目印やロープがあり迷いません。
IMGP1243_720.jpg

展望スポットに出ました。いい景色です。
IMGP1247_720.jpg

天狗岩まで500mです。階段も整備されています。
IMGP1249_720.jpg

天狗岩が見えました。
IMGP1250_720.jpg

裏に回るとはしごがあります。
IMGP1255_720.jpg

天狗岩に登りました。絶景です。
IMGP1257_720.jpg

村も見えます。
IMGP1259_720.jpg

赤い実です。
IMGP1261_720.jpg

ここからは稜線上を歩きます。目印はありませんが、左右に下らなければOKです。
IMGP1264_720.jpg

掃雲峰に到着です。
IMGP1266_720.jpg

頂上は広いものの、展望はありません。
IMGP1268_720_202401092149325dc.jpg

さらに西へ進みます。
IMGP1269_720.jpg

棒が立っています。左に曲る目印です。
IMGP1272_720.jpg

馬の背になっており、広い道が続いています。
IMGP1273_720.jpg

興山に到着です。
IMGP1276_720_2024010921493700a.jpg

南へ進む道がありますが、今回は進まず折り返します。
るり渓温泉へ続いているらしいですが、そこから深山へ向かう道はかなり悪路だそうです。
IMGP1278_720_20240109214940792.jpg

ここで気付きましたが、「能勢電」と書かれた道標がずっと続いています。
IMGP1281_720.jpg

道標は掃雲峰で南方向へ変わります。るり渓温泉を起点に周回できるのかもしれませんが、山の地図にルートは書かれていません。
IMGP1282_720.jpg

ツバキが咲いています。
IMGP1284_720.jpg

道が葉っぱで滑りやすいので、慎重に進みます。天狗岩を越え、登山口まで戻ります。
IMGP1285_720_20240109214945419.jpg

別荘地を抜けて戻ります。手入れされた家が多いです。
IMGP1287_720_20240109214947250.jpg

おだやかに晴れた冬の山を楽しみました。
IMGP1274_720.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

秋の山歩き-大船山・行者山・昼ヶ岳・鳥飼山

秋の山歩きは、大船山・行者山・昼ヶ岳・鳥飼山です。
IMGP1209_720.jpg
(兵庫県三田市 2023年11月)

晩秋の丹波を歩きます。
三田アスレチックキャンプ場(カナディアン大磯)からスタートです。
IMGP1100_720.jpg

とてもきれいに整備されています。
IMGP1101_720_202311251048278ea.jpg

登山道に入ってすぐ、小さな神社があります。
IMGP1105_720.jpg

大船山へ向かう道は歩きやすいです。
IMGP1107_720_20231125104828b42.jpg

山頂へ向かいます。
IMGP1109_720.jpg

あちこちに紅葉が見られます。
IMGP1115_720.jpg

どんぐりもいっぱいです。
IMGP1124_720.jpg

山頂付近は急な登りです。滑らないようゆっくり進みます。
IMGP1119_720.jpg

大船山に到着です。
IMGP1126_720.jpg

山と里が見えます。
IMGP1127_720_2023112510483876c.jpg

山々が続いています。
IMGP1129_720.jpg

赤と緑が混ざり合っています。
IMGP1133t.jpg

足元にも紅葉です。
IMGP1131_720_20231125105311f23.jpg

鮮やかな葉と実です。
IMGP1132_720_202311251053143e6.jpg

北へ進み、行者山を目指します。踏み跡は薄く、目印が頼りです。
IMGP1136_720.jpg

町がわずかに見えます。
IMGP1142_720.jpg

黄色がいい感じです。
IMGP1146_720.jpg

行者山に到着です。木のすき間から下界が見えます。
IMGP1153t.jpg

しっかり黄葉です。
IMGP1156_720.jpg

内田池に出ました。大きいです。
IMGP1159_720.jpg

秋ですね。
IMGP1163_720.jpg

木々も山肌も秋の色です。
IMGP1165_720_20231125110429a78.jpg

昼ヶ岳へ向かいます。時間がないときは、内田池から林道で戻ることも出来ます。
IMGP1168_720.jpg

小さな赤い実です。
IMGP1172t.jpg

昼ヶ岳に着きました。
IMGP1173_720.jpg

山と谷がよく見えます。
IMGP1176_720.jpg

大きな葉っぱが日に照らされています。
IMGP1178_720_20231125110436ebe.jpg

昼ヶ岳南峰を通過すると、
IMGP1177_720.jpg

大きな反射板があります。その前に出ると、
IMGP1180_720.jpg

絶景ポイントでした。
IMGP1181_720.jpg

「第3ピーク」と書かれたところ通過すると、急な下りになりました。
カメラを片付けないと下れず、しばらく写真がありません。
IMGP1184_720.jpg

下りきると急な登りになり、鳥飼山に到着です。
IMGP1186_720.jpg

下ります。日が傾いてきました。
IMGP1191_720.jpg

再び赤い実です。
IMGP1188_720.jpg

林道が見えてきました。
IMGP1194_720.jpg

登山口です。
IMGP1197_720.jpg

秋の空です。
IMGP1205_720.jpg

林道を経てキャンプ場へ戻ります。
IMGP1204_720.jpg

晩秋の山を楽しみました。
IMGP1202t.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

夏の山歩き(1)-弥十郎ヶ嶽・ハハカベ山

夏の山歩きその1は、弥十郎ヶ嶽・ハハカベ山です。
IMGP0902_720.jpg
(兵庫県丹波篠山市 2023年7月)

猛暑に涼を求め、標高700mを超える山を目指します。
暑くなりそうな日です。
IMGP0891_720_20230719202747e86.jpg

登山口です。
IMGP0894_720.jpg

獣除けの柵を抜けると、神社があります。辻の稲荷社です。
IMGP0896_720_202307192027529a6.jpg

天然記念物の四本杉です。大きいです。
IMGP0897_720_20230719202752ee7.jpg

杉の植林の中を歩きます。
IMGP0900_720.jpg

涼しげな川沿いを進みます。
IMGP0903_720.jpg

川沿いに道が付いていますが、山の地図ではこのあたりで右に進み、稜線上に出ることになっています。
IMGP0929_720_20230719211114082.jpg

目印は見当たらず、壁のような急斜面を登ることになります。
川沿いを登っても、あとで急登を避けて通れません。
IMGP0927_720.jpg

稜線に出ても、急な登りが延々続きます。
IMGP0924_720.jpg

登りきると、弥十郎北峰に到着です。展望はほとんどありません。
IMGP0905_720.jpg

そして、弥十郎ヶ嶽に着きました。風が涼しいです。
IMGP0909_720.jpg

わずかに展望があります。西方向です。
IMGP0907_720.jpg

こちらは北方向。
IMGP0921_720_20230719203630914.jpg

南へ進みます。
IMGP0910_720.jpg

八上山を通過、左へ進みます。
IMGP0911_720.jpg

道標に従い、左に折れます。
IMGP0913t.jpg

ハハカベ山に到着です。今回は周回せずここで折り返します。
IMGP0915_720_20230719213517e0e.jpg

急斜面を横切り、
IMGP0917_720.jpg

馬の背のようなところを進んで、
IMGP0919_720.jpg

弥十郎北峰まで戻りました。下ります。
IMGP0923_720.jpg

急斜面を慎重に下り、神社まで戻りました。
IMGP0899_720.jpg

猛暑の中、涼を楽しみました。
IMGP0930_720_20230719203639981.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

冬の山歩き(1)-岩倉山・譲葉山・樫ヶ峰・行者山

冬の山歩きその1は、岩倉山・譲葉山・樫ヶ峰・行者山です。
230109115625183_720.jpg
(兵庫県宝塚市 2023年1月)

宝塚市南部の山を周回します。宝塚駅から歩き始めます。
IMGP0528_720_20230113223614b0e.jpg

住宅地に南天が成っています。
IMGP0527_720_20230113223612b10.jpg

すぐに山道に入ります。
IMGP0529_720_20230113223615119.jpg

神社に立ち寄ります。
IMGP0532_720.jpg

街が少しかすんでいます。
IMGP0533_720_20230113223618a42.jpg

塩尾寺に着きました。
IMGP0535_720_20230113223620642.jpg

さらに登ります。
IMGP0537_720.jpg

山の上にもかかわらず、いつもきれいです。
IMGP0539_720.jpg

岩倉山に到着です。ここに着くには、広い道から少し外れる必要があります。
IMGP0540r.jpg

平坦な道になります。木のトンネルを抜けます。
IMGP0542_720.jpg

このあたりは六甲山系の東端、六甲全山縦走路です。
IMGP0543_720_2023011322392940f.jpg

大谷乗越で全山縦走路を外れ、少しの間車道を歩きます。
IMGP0545_720_20230121100511c56.jpg

カードレールのすき間から山道に戻ります。
IMGP0546_720_2023011322393365a.jpg

宝塚エデンの園・ゆずり葉台へ下る最短コース「癒しの二休街道」です。
今回はこのルートを使わないので、すぐに引き返します。
IMGP0550_720.jpg

こちらが樫ヶ峰へ向かう入口です。
IMGP0551_720.jpg

急登です。
IMGP0553_720.jpg

登りきると小笠峰です。
IMGP0555_720.jpg

続いて社家郷山(しゃけごうやま)。
IMGP0558_720_20230113223940e35.jpg

淡いピンクがいい感じです。
IMGP0563r.jpg

馬の背と呼ばれる稜線上に出ます。
IMGP0566_720_20230113223943b13.jpg

樫ヶ峰に到着です。
IMGP0567_720_20230113224045ec1.jpg

甲山が見えます。
IMGP0569_720.jpg

一気に下ると、ゆずり葉台に出ます。
IMGP0576_720.jpg

行者山ハイキングコースゆずり葉台口です。
IMGP0578_720.jpg

少し歩いたところで、白い道を外れて右に折れます。道標がないので見落とさないようにします。
白い道は谷へ続いているようです。堰堤の整備用道路でしょうか。
IMGP0581_720.jpg

行者山に到着です。展望がないので、東へ進みます。
IMGP0584_720_202301132253425b4.jpg

展望が広がります。行者山東観峰が目の前に見えます。
IMGP0585_720_20230113225344e11.jpg

東観峰に到着です。
IMGP0587_720.jpg

宝塚大劇場がよく見えます。
IMGP0589_720.jpg

阪神競馬場も見えます。
IMGP0591_720.jpg

全山縦走路へ戻り、宝塚へ下ります。
IMGP0598_720.jpg

下りてきました。街の公園に三角点がありました。
IMGP0599_720_20230113225352e4c.jpg

おなじみの山ですが、季節や天候によって様々な姿を楽しめます。
IMGP0593r.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

冬の夕暮れ

冬の夕暮れをどうぞ。
IMGP0505_720_2022122420420058e.jpg
(大阪府吹田市 2022年12月)

夕刻の公園を散策しました。
IMGP0496_720_202212242041511fc.jpg

ベンチのまわりの落ち葉がいい感じです。
IMGP0498_720.jpg

太陽の角度の低さがわかります。
IMGP0500_720.jpg

夕日の色がよくわかります。
IMGP0501_720_202212242041567a5.jpg

広い丘が広がっています。
IMGP0502_720.jpg

違う向きにも広い丘があります。犬の散歩をたくさん見かけます。
IMGP0503_720_202212242041588fe.jpg

1970年からある「風の道」です。
IMGP0503t.jpg

小径を進みます。
IMGP0507_720_20221224204201192.jpg

草木が夕日に照らされています。
IMGP0509_720.jpg

日がさらに傾いてきました。
IMGP0508_720_202212242042045e9.jpg

ススキが黄金色に輝いています。
IMGP0510_720.jpg

公園の外周に細い道があります。
IMGP0512_720.jpg

道は長いです。途中で休憩も出来ます。
IMGP0514_720.jpg

造成中の広い土地があります。商業施設などが出来るようです。
IMGP0516_720_20221224204214bdb.jpg

竹やぶを抜けると広い道に出ます。
IMGP0517_720.jpg

広い池があります。
IMGP0520_720.jpg

一周して戻ってきました。日没です。
IMGP0522_720_20221224204334083.jpg

冬の散策を楽しみました。
IMGP0519_720.jpg

お立ち寄りのしるしとして「拍手」に一押しよろしくです。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

最新記事
カテゴリ
プロフィール

まさ(climbmasa)

Author:まさ(climbmasa)
40歳を過ぎて、人とちょっとだけ違う自分に気付きました。ここでは、自分が感じたことを、そのまま表現していきます。
広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の当事者です。「人並み」ができず、いろんな場面で苦戦していますが、多くの人に助けられながら生きています。
このブログを通じて、少しでも多くの人に発達障害のことを知ってもらえればと思います。
「自己紹介」カテゴリに、私のプロフィールを置いています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランキングの応援よろしくです
各ブログランキングに参加しています。1日1回クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
ぽちっと押してやってください。
FC2カウンター
メールフォーム
お便りはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: